高性能5.7型「Razer Phone」が発表。メモリ8GB・120HzリフレッシュレートIGZOディスプレイ・デュアルカメラ

スポンサーリンク

高性能5.7型「Razer Phone」が発表。メモリ8GB・120HzリフレッシュレートIGZOディスプレイ・デュアルカメラ

アメリカのPC関連プロダクツメーカー、Razerは11月1日(現地時間)にカンファレンスを開催。同社初の新型スマートフォン「Razer Phone」を発表しました。

・プロモーション動画

コアゲーマー向け製品で知られる同社だけあって、スマートフォンのほうも高性能。チップセットにSnapdragon 835のほか、メモリ容量はゲームプレイを考慮して8GB。一方ディスプレイは5.7インチIGZO液晶・QHD2560×1440ピクセル解像度・なめらかな120Hzリフレッシュレート。そしてサウンド面についても、Dolby ATMOSサウンドとTHX認証デュアルフロントフェイススピーカーを搭載。

今回のキーノートでは、ゲームメーカー数社と協力し、ゲーマー向けの優れたエクスペリエンスを提供するとのアナウンスがなされました。映像・サウンド・そして性能と、とにかく高性能ゲームアプリを楽しみたいユーザー向けの1台となっているようです。

・「Razer Phone(仮)」のスペック

価格:699ドル(約8万0000円)

発売日:11月15日(日本での発売は未定)

OS:Android 7.1 Nougat

(2018年1月~3月にAndroid 8.0 Oreo更新予定)

チップセット: Snapdragon 835

メモリ:8GB

ストレージ:64GB

画面サイズ:5.72インチIGZO液晶、120Hzリフレッシュレート、広色域ワイドカラーガマット

解像度: 16:9 QHD(2560×1440)

メインカメラ:デュアルカメラ1200万画素+1300万画素、F1.75広角カメラ+F2.6望遠カメラ、2倍光学ズーム

前面カメラ:800万画素

バッテリー:4000mAh、QuickCharge 4.0

サウンド:Dolby ATMOSサウンド、THX認証デュアルフロントフェイススピーカー+アンプ

本体:アルミ製

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク