2018年登場「折り曲げ(折りたたみ)型デバイス」噂リーク情報まとめ。スマホ・スマートウォッチ・PC

スポンサーリンク

2018年登場「折り曲げ(折りたたみ)型デバイス」噂リーク情報まとめ。スマホ・スマートウォッチ・PC

・このページの目的

スマートフォン、スマートウォッチ、PCなど、最近各社が開発を行っているという「折り曲げ(折りたたみ)型デバイス」。

早い機種では2018年にも発売される、これらデバイスの噂情報をまとめました。

①:サムスン「Galaxy X」

【ポイント】

・韓国サムスン電子が開発中。

・すでにコンセプトモデルが公開

・2018年発売予定

・スペックなどはまだ不明

[Galaxy Xのコンセプトモデル]

・関連とのものと思しき特許も数点明らかに

1:中央部に折り曲げるためのヒンジ構造が含まれ、折りたたんだ様子は往年の日本の折りたたみを思わせる「SM-G888」

2:操作系の特許

・2画面によるアプリ複数起動

・3DS/DSのようなゲームインターフェイス

②:ファーウェイ「2018年発売、折り曲げスマホ」

・人気のMateシリーズ

【ポイント】

・2018年発売予定

・CEOがインタビューで明らかにする

・この折り曲げ式デバイスの「実用サンプル」はすでに手元にある状態まで開発が進んでいる

・ただ「発売にはまだまだの状態」とのことであり、スペック等これ以上の具体的な話は無し

ファーウェイ、2018年に折り曲げ可能スマホ(フォルダブルフォン)を発売予定 最近発表したMate 10 Proで...

③:ソニー「折り曲げ可能スマートウォッチ」

【ポイント】

・折り曲げることが可能なスマートウォッチ

・研究開発プロジェクト「Future Lab Program」発という

・2016年リーク

・「Gear AY」のリークスペック

画面 3.7インチ折り曲げ可能、有機ELディスプレイ、700ニット。指紋認証機能搭載
解像度 1920×720、8:3
CPU 省電力チップセット
メモリ 3GB
記憶容量 64GB
バッテリー 3960mAh、取り外し可能、ワイヤレス充電

ソニー、本体折り曲げ可能な新型スマートウォッチ「Gear AY」を開発中か 中国のSNS「Weibo」上にて、また新たなソニー製品のリーク...

④:マイクロソフト「折りたたみ可能なSurfaceタブレット」

【ポイント】

・コードネーム”Andromeda(アンドロメダ)”

・Windowsが動くほどの高性能ながら、ポケットサイズにまで本体が折りたためる

・CPUはARMベース

・かつて噂になったマイクロソフトの折りたたみ型PC ”Courier(クーリエ)”

・”Andromeda(アンドロメダ)”のリークスペック

最大の特徴:Windowsが動くほどの高性能ながら、ポケットサイズにまで本体が折りたためる

OS:Windows 10

チップセットCPU:ARMベース

ディスプレイ:折りたたみ型

ペン入力:可能

アプリ:ノートブック系アプリの充実

通信:LTE通信対応(データ通信のみ)

その他:いわば「”Surface Note(サーフェス ノート)””Surface Journal(サーフェス ジャーナル)”のようなもの」と、大手テックサイトGSMArena

【噂】マイクロソフトが折りたためポケットサイズになるタブレットを開発中との話。Windows10・LTE通信〇・ペン入力。折りたたみ型Sur...
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク