高性能5.7型「Razer Phone」、12/1にシンガポールで発売に。アジア初

スポンサーリンク

Razer Phone、12/1にシンガポールで発売に。アジア初

アメリカ企業のRazerはアメリカ、イギリス、ほかの西欧市場に続いての地域として、同社初となるスマートフォン「Razer Phone」をシンガポールで発売します。発売日は12月1日。本体価格は1,068シンガポールドル(約89,700円)

Razer Phoneがアジア地域で発売されるのはこれが初めてとなります。

シンガポールはRazerのCEO、ミン・リアン タン氏の出身国であり、同CEOは今回の発売に際し次のように述べています。

「私はカリフォルニア州でRazerを設立しましたが、シンガポール人です。この度 Razer Phoneをシンガポールにてアジアで初めてリリースすることができ、非常に喜ばしく感じています。」

この発売においては、先着200件において、Razer Hammerhead Bluetoothヘッドセット($ 169相当)を入手することができるものとなっています。

日本での早急の発売に期待したいところであります。

「Razer Phone」のスペック

OS:Android 7.1 Nougat

(2018年1月~3月にAndroid 8.0 Oreo更新予定)

チップセット: Snapdragon 835

メモリ:8GB

ストレージ:64GB

画面サイズ:5.72インチIGZO液晶、120Hzリフレッシュレート、広色域ワイドカラーガマット

解像度: 16:9 QHD(2560×1440)

メインカメラ:デュアルカメラ1200万画素+1300万画素、F1.75広角カメラ+F2.6望遠カメラ、2倍光学ズーム

前面カメラ:800万画素

バッテリー:4000mAh、QuickCharge 4.0

サウンド:Dolby ATMOSサウンド、THX認証デュアルフロントフェイススピーカー+アンプ

本体:アルミ製

参考:

gsmarena.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク