アナリスト「iPhone Xはよく売れている。しかし、当初期待したほどではない」

スポンサーリンク

アナリスト「iPhone Xはよく売れている。が、当初期待したほどではない」

調査会社Cowen and Companyのアナリストであるカール・アッカーマン氏は、 iPhone Xの売り上げについて「当初期待したほどには売れていない。需要予測値を下回っている」との見解を示しています

同氏はアップルの新型スマートフォン、iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xの3機種は「どれも良く売れてはいるものの、爆発的な売り上げというところではない」との見解を示しています。

どれも良く売れている。しかし爆発的なスーパーサイクルの中にあるというわけではない。

ーiPhone Xら3機種の売れ行きについて、ITアナリスト

アッカーマン氏は、Appleは今月12月までの3か月、すなわち同社の会計年度で2018年第1四半期にあたる期間において、7900万台のiPhoneが出荷されると推定。これは、2017年第1四半期中での7,829万台出荷をわずかに上回る程度のものとなっています。

加えて2018年第2四半期(18年1月から3月)においては、5600万台のiPhoneが出荷されるとしていますが、これも17年第2四半期の出荷記録とさほど変わりありません。

アップルの四半期業績発表は2018年1月30日に行われる予定です。

参考:

PocketNow

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク