ファーウェイP11ではメインカメラ4000万画素+トリプルレンズ、前面カメラ2400万画素が搭載?

スポンサーリンク

ファーウェイP11ではメインカメラ4000万画素+トリプルレンズ、前面カメラ2400万画素が搭載?

最近ファーウェイが出した広告では、携帯電話のカメラ機能がアピールされました。

これは情報提供者エヴァン・ブラス氏が明らかにしたもので、同氏はこの広告がファーウェイと関係のある広告代理店から流出したものとしています。

ライカと共同で開発した今回のレンズ ‘Huawei PCE Series’においては、4000万画素とトリプル3枚の背面カメラレンズ、遠く離れた被写体をよりよく捕らえるためのデジタル5倍ハイブリッドズーム、2400万画素のフロント前面カメラ、プロ仕様のないとモード、AI搭載など、かなり高性能なものとなっている模様。

CNETの取材に対し、ファーウェイはノーコメントを貫きました。

この ‘Huawei PCE Series’について、ブラス氏はファーウェイの新型スマートフォン「Huawei P11」において採用されるとしており、もし本当だとすれば、Huawei P11は大幅なカメラ性能が果たされることになりそう。これは期待したいところです。

スマートフォンでの大幅なカメラ性能アップと言えば、ソニーモバイルは現在高級コンパクトデジタルカメラ「RX100 Mark 4」の機能をXperiaに投入しようとしているとの話もあり、今後の展開に目が離せません。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク