日経新聞本社ビルで起きた火災事件、死亡した男性は11月まで所長を務めていた人物であることが明らかに

スポンサーリンク

日経新聞本社ビルで起きた火災事件、死亡した男性は11月まで所長を務めていた人物であることが明らかに

12月21日に日本経済新聞本社で起きた火災事故に絡み、亡くなった男性は、11月上旬まで日経新聞専売店において所長を務めていた人物であることが明らかになりました。

産経新聞の報道によれば、亡くなったのは西東京市芝久保町の無職、水野辰亮さん(56)。火災は21日午前10時50分ごろ発生し、トイレの床や壁など約30平方メートルが延焼。水野さんが倒れていた個室からは油の反応があり、状況から自殺とみられています。

この死亡事故に絡み、日経新聞社広報室は「目立ったトラブルはなかった」としていますが、どう見てもトラブルがあったろうことは予想がつくもの。

なお今回の死亡事故により、日本経済新聞本社ビルは事故物件を公示するウェブサイト『大島てる』に登録されています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク