画面密度1.5倍!?iPhone6s、解像度/画面密度ppi/コントラスト比などディスプレイが大幅に進化

スポンサーリンク

iPhone 6sシリーズの新しいリーク情報

iPhone 6sのディスプレイに関するリーク情報が出てきました。今回新たにリークされた画像は、iPhone 6シリーズとiPhone 6sシリーズのディスプレイサイズと仕様、ディスプレイ解像度、画面密度ppi、コントラスト比が記載されています。

s_676ae1026b6b4ec0ad03bc80bf1385bd.png-e1441618153707

9846815egw1evsz0zl8k6j20hs08rwen

フォースタッチ、解像度、画面密度ppi、コントラスト比、など多くがアップ

リーク画像によると次のように変化するようです。

6から6sへの変化

iPhone6:4.7インチ、マルチタッチ、解像度1,334×750、画面密度320ppi、コントラスト比1400:1

iPhone6s:4.7インチ、フォースタッチ解像度2,000×1,125画面密度488ppiコントラスト比1500:1

6 plusから6s plusへの変化

iPhone 6 plus:5.5インチ、マルチタッチ、解像度1,920×1,080、画面密度401ppi、コントラスト比1300:1

iPhone6s Plus:5.5インチ、フォースタッチ解像度2,208×1,242画面密度460ppiコントラスト比1500:1

6s、6s plusどちらの機種とも、ディスプレイサイズこそ変わりはないものの、フォースタッチの導入、解像度のスペックアップ、画面密度が約1.5倍、コントラスト比アップとと大幅なスペックアップを果たしています。

これで、iPhone 6sシリーズはこれまでよりさらにはっきりくっきりとした画面が楽しめそうですね。

[]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク