ブルームバーグ「3/27のイベントで発表されるハードは新型低価格iPadのみ。アップルは今後、教育IT市場を狙う」

スポンサーリンク

ブルームバーグ「3/27のイベントで発表されるハードは新型低価格iPadのみ。アップルは今後、教育IT市場を狙う」

米Appleが現地時間3月27日、シコゴにおいて開催する、イベント「Let’s take a field trip.」

教育をテーマするこのイベントですが、米大手経済メディアBloombergにおいて活動するジャーナリスト、マーク・ガーマン氏がこの3月27日のイベントについて述べています。以下に述べる内容は、アップル関係者から聞いた内容とのこと。ブルームバーグなだけあって、市場関係の話が詳しいものとなっています。

【アップルの3/27イベントについて】

・当日、新型ハードとして発表されるのは、低価格iPadのみ

・この新登場する低価格iPadの存在は、アップルが今後、教育市場を見据えていることを示している

・世界の教育関連技術市場は177億ドルにも及び、これは幼稚園から高校生までアメリカ人学生におけるモバイルコンピューティング市場の17%をも占める。シェアが一番高いのはChromebookやAndroidタブレットなどGoogle陣営。以下Windows PCが22%、MacとiPadのアップル陣営は20%のシェアにとどまる

・噂されている低価格MacBookは開発中だが、来週のイベントではアナウンスされない

・縮小が進むタブレット市場において、アップルは例外的な存在であり、昨年においても3%の成長を見せた

日本においても、教育用タブレットは各地の小学校や中学校などにおいて現在普及が進んでいますが、それらのタブレットが今後、iPadで占められるようになるのでしょうか。

とかく3月27日に発表したいところです。

参考:

www.bloomberg.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク