アップル、LGディスプレイへの依存を高める予定。「6.5インチ iPhone Xs Plus」は LG製を採用

スポンサーリンク

アップル、LGディスプレイへの依存を高める予定。「6.5インチ iPhone Xs Plus」は LG製を採用

Appleはここ最近、韓国LG Displayに27億ドル(約3000億円)を投資して、2018年リリースiPhone用OLEDパネルへの生産体制を構築しました。中国のメディア「China Morning Post」によれば、AppleはOLEDスクリーン向けサプライヤとしてLGへと標準を合わせており、LGによるOLEDの出荷は今年度、200万〜400万パネル数が予定されています。

関連筋によれば、アップル・LG Display両社は共に、パネルの生産増とアップル製品におけるシェア拡大を望んではいるものの、まだまだLGにおけるOLEDパネルの生産量は整っていなおらず、そのため全体としてはサムスンへ依存する状況が続くそう。

加えてリーク情報によれば、LGが担当するディスプレイはiPhone 用パネルとして最も高価なモデルである「6.5インチ iPhone Xs Plus」のものとされています。

最新LG G7 ThinQでの1000ニト液晶ディスプレイなど、とかくディスプレイ性能の高さには定評あるLG。今後、ディスプレイ界の王者・サムスンの牙城を脅かす存在になるのかもしれません。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク