Firefoxの使用は同性愛者の権利を妨げるか

_73939751_mozillamessage

アメリカの大手出会い系サイト「OKCupid」では、現在Mozilla Firefoxからサイトにアクセスすると、他のwebブラウザの使用を促すメッセージが表示されるそうです。

これは、つい先日Mozillaの新CEOにBrendan Eichが就任したことに抗議したもの。Eich氏は2008年、カルフォルニア州で住民投票の結果可決された、同性婚を禁止する「修正第8条」について法案の支持者に寄付を行っていました。

OKCupidはトップページにて「Mozillaの新CEO、Brendan Eichは、同性愛者の平等な権利に反対しています」、「OKCupidにアクセスする際は、Mozillaのソフトウェアを使用しないことをおすすめします」と述べています。

Firefoxの新CEO就任の件では、Firefoxアプリ開発者が、同じく抗議の意味でアプリの開発を中止するということも起こっています。

参考:

BBC NEWS:OKCupid seeks to block Mozilla Firefox over gay rights

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)