iPhone 6の発売は4.7インチが秋、5.5インチはその数カ月後:ロイター報道

TKY201306030360

iPhone 6は4.7インチと5.5インチというサイズの異なる2種類が用意され、発売は4.7インチが秋、5.5インチはその数カ月後との話をロイター通信が報じました。

ロイター通信が消息筋の話として紹介するところによれば、iPhone 6の液晶製造会社はジャパンディスプレイ、シャープ、韓国LGの3社が選定、4.7インチモデルの秋発売を目指しジャパンディスプレイが5月から千葉県茂原市の工場にて4.7インチ液晶の量産を開始、他2社も6月から4.7インチ液晶の量産を開始するとのこと。

一方、5.5インチ液晶に関してはタッチ・パネルと液晶パネルの一体化について手間取っているため量産開始は4.7インチ液晶より数か月遅れる可能性が高く、そのため5.5インチモデルの発売も数ヶ月送れる可能性が高いとのことです。

iPhone 6は2014年9月に正式発表される見通しです。

参考:
Reuters.com:New iPhone 6 screens to enter production as early as May: sources

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)