シャオミ・OPPOも折りたたみ型スマホを開発中。最安10万円からと、他社の半額近い価格に

スポンサーリンク

シャオミ・OPPOも折りたたみ型スマートフォンを開発中。最安10万円からと、(他社製品に比べると)買い求めやすい価格に

2019年以後のスマートフォン界隈の1大トレンドとなりそうな「折りたたみ型(フレキシブル)スマートフォン」

現在、韓国サムスンと中国ファーウェイによる開発が明らかになっていますが、この開発競争に新たなメーカーが加わりそうです。

台湾メディア・DIgitimesが伝えるところによれば、ともに中国のメーカーである「Xiaomi」と「Oppo」が、現在、折りたたみ型スマートフォンのディスプレイ供給元を探しているとのこと。

両者ともに、折りたたみ型スマートフォンを早期に開発することで自社の技術力の高さを見誇示する意図がある様子。

・Xiaomi製折りたたみ型スマートフォンは、価格も安く。最安10万円ほど

特に、Xiaomiの折りたたみ型スマートフォンは価格面でも魅力的な製品となるようで、約900ドル〜約1340ドル(約10万円~15万円)ほどと、通常のスマートフォンにさえ引けを取らない価格設定に。

サムスン製折りたたみ型スマートフォン「Galaxy X(仮;2019年初頭発売予定)」が2000ドル(約22万円)前後とされているのと比べると、確かに魅力的な価格となっています。

両メーカーの折りたたみ型スマートフォンは、2019年発売予定。来年は、折りたたみ型スマートフォンの潮流が生じることになりそうです。

参考:

digitimes ”Xiaomi, Oppo initiate plans to develop foldable smartphones, says report

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク