ドライブレコーダーで録画されない相談が国民生活センターに多数寄せられる

スポンサーリンク

ドライブレコーダーで録画されない相談が国民生活センターに多数寄せられる

万が一の事態に備えて、あると便利な「ドライブレコーダー」。認知度の向上に伴って、最近では幅広い製品が市場に登場し、低価格な製品も多数リリースされるようになったのもうれしいところ。

そんな便利なドライブレコーダーですが、普及に伴って、最近では相談件数も増加の一途を辿っているようです。次の引用記事は朝日新聞からのモノ。

国民生活センターは2日、運転中の状況を映像で記録できるドライブレコーダーのデータを確認したら録画されていなかった、という相談が増えていると発表した。

・ドライブレコーダーは仕様上、SDカードが劣化しやすい。定期的な新品への交換か初期化を

国民生活センターによれば、「ドライブレコーダーが録画できない」という相談は、2017年度、34件が寄せられました。13年度の同相談件数は6件であり、年々件数が増えているのだそうです。

さて録画不調の原因は「ドライブレコーダーの仕様」にありました。

運転中の映像を常に録画するドライブレコーダー。そのため他のカメラ製品に比べてSDカードが劣化しやすく、録画エラーも起こりやすいのだそうです。

国民生活センターは、「SDカードの定期的な初期化や、新品交換」を呼びかけています。

参考:

朝日新聞デジタル「ドラレコ「録画されてない」相談増加 SDカード原因?」2018年8月2日

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク