ソニー、スマホ用カメラセンサー事業が絶好調。従来目標より投資額をアップ

スポンサーリンク

ソニー、スマホ用カメラセンサー事業が好調。従来目標より投資額をアップ

4800万画素を誇る新型スマホ用カメラセンサー「IMX586」

先日10月30日に2019年3月期の連結営業利益計画を発表したソニー。

この発表においては、21年3月期までの3年間における画像センサーの投資額を、5月の中期計画発表時から2割程度、増やす考えが示されました。その大半がスマートフォン向けセンサーであり、さらなる微細化など性能向上に用いられるとのこと。

スマホ用カメラセンサーを擁する半導体部門は19年通期における営業利益見込みが1400億円となっており、スマホ用カメラセンサー事業の好調さが見て取れます。

最近では有効4800万画素数を誇るスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー、「IMX586」を発表したソニー。この大型1/2型センサーが搭載されるXperia が登場するのはいつ頃になるのでしょうか。

【関連】

ソニー、4800万画素スマートフォン向けイメージセンサー「IMX586」を発表。1/2型センサーサイズ、9月サンプル出荷 ...

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク