HTC、19年はスマホにやる気。ハイエンド・ミッドレンジモデルの開発に資源を集中。ブロックチェーンスマホの後継機種も

スポンサーリンク

HTC、19年はスマホにやる気。ハイエンド・ミッドレンジモデルの開発に資源を集中。ブロックチェーンスマホの後継機種も

・HTC、2019年はスマホに集中

スマートフォン市場での苦境が伝えられる台湾HTC。

同社社長、ダレン・チェン氏が先日明らかにしたところによれば、HTCはさらなる市場シェアの拡大と収益性の向上を目指し、2019年は「ハイエンド」機および「ミッドレンジ」機のスマートフォンにフォーカスしていく方針。台湾のマスメディア、digitimesが伝えています。

なおここでの「ミッドレンジ」とは、Snapdragon 435チップセット搭載の携帯電話「Desire 12s」のような機種のことを指すそう。

また同社の2018年発売モデルとしては、最近海外で発売された128GBモデル「HTC U12 Life」が良く売れたとチェン氏。

HTCと言えば「HTC Vive」などVRデバイスも有名ですが、2019年はVRよりスマホに力を入れる模様。「原点回帰」となる年であるようです。

・ブロックチェーン スマホの後継機種も発売予定

HTCのブロックチェーン端末「Exodus 1」

同社はまた、ブロックチェーン技術を搭載したスマートフォン「Exodus 1」の後継モデルを2019年に発売する方針。

こちらの詳細は明らかになっていません。

ソース

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク