モトローラ、Moto G7・G7 Plusを発表。2月中旬から順次発売、約3万1500円から

スポンサーリンク

モトローラ、Moto G7・G7 Plusを発表。約3万1500円から

モトローラはブラジル・サンパウロで開催したイベントにおいて、新型スマートフォン「Moto G7」「Moto G7 Plus」「Moto G7 Power」「Moto G7 Play」と、一挙に4機種を発表しました。

文章が長くなってしまうので、このページでは「Moto G7」「Moto G7 Plus」のみを扱います。

・Moto G7 Plus:2月中旬から発売(欧州)、300ユーロ(約3万7000円)

4機種においては最も高性能なのがこのMoto G7 Plus。ヨーロッパでは2月中旬から発売開始。価格は300ユーロ(約3万7000円)。

6.2インチ液晶ディスプレイ、水滴型の小型ノッチを採用したデザイン。解像度は1,080 x 2,270ピクセル。

チップセットはSnapdragon 636、メモリ4GB・64GBストレージ(最大512GBのmicroSDカード可能)。

OSはもちろんAndroid 9 Pie。

メインカメラは1600万画素 + 500万画素デュアルカメラを搭載。1.22µmの大きなピクセル、明るいf/1.7、光学式手ぶれ補正(写真撮影のみ)、4K30fpsビデオ撮影対応。前面カメラは1200万画素

モトローラのスマートフォンとして初めて、27W TurboPower急速充電に対応。15分の充電で12時間の使用を可能とします。バッテリー容量は3,000mAh。QuickCharge 4.0、USB PD3​​.0に対応します。

ほかGorilla Glass、ドルビーオーディオ、3.5mmジャック、ステレオスピーカー、Bluetooth 5.0 LEなど。

・Moto G7:2月中旬から発売(欧州)、250ユーロ(約3万1500円)

すでにブラジルでは発売されたMoto G7。2月中旬にはヨーロッパ、3月には北米地域でも発売されます。日本での発売はまだアナウンスされていませんが、過去の情報からほぼ発売は確実なものと思われます。

Moto G7、日本では3GB+32GBモデルが発売されるらしい。さらなるFCC認証情報より 先日、FCC認証により日本で...

価格はそれぞれ250ユーロ(約3万1500円)、300ドル。

G7 Plus と同じ、6.2インチとなるこの「Moto G7」。一方でディスプレイ解像度は1,080 x 2,270ピクセル、デュアルカメラは1200万画素+500万画素、チップセットはSnapdragon 632とそれぞれ下げられています。4K撮影も行えません。

また前面カメラは800万画素、充電は15W TurboPowerとなります。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク