サムスン「Galaxy Watch Active」、スペック情報まとめ4つ。新機能「血圧測定」搭載!

スポンサーリンク

サムスン「Galaxy Watch Active」、スペック情報まとめ4つ。新機能「血圧測定」搭載!

①:価格・発売日

価格:200ドル(およそ2万2000円)

発売日:海外19年第1四半期(1月~3月)

②:Galaxy Watch Active のスペック

・正式モデル名:Galaxy Watch Active

モデル:ブルートゥースモデルのみ

OS Tizen ベース wearable OS 4.0
ディスプレイ 1.1インチSuper AMOLED
解像度 360×360
メモリ 768MB
記憶容量 4GB
チップセット Exynos 9110 デュアルコア 1.5GHz
ガラス Corning Gorilla Glass 3
本体素材 不明
SIM なし
サイズ 39.5 x 39.5 x 10.5 mm
NFC サムスンPay
重さ 25g
防水防塵 IP68 +5 ATM
耐久 MIL-STD-810G
Wi-Fi 802.11 b/g/n
ブルートゥース 4.2
バッテリー 230mAh
バッテリー持ち 不明
カラー シルバー、ブラック、ローズゴールド、シーグリーン
その他 Always-on display
スマホとの互換 不明

③:本体デザイン

この「シルバー」のほか、「ブラック」「ローズゴールド」「シーグリーン」が用意されます。

④:主な特徴・機能の紹介。血圧測定が可能

【新機能、「血圧測定」】

新たに血圧測定機能が追加。またこれまでのように、歩数計測・ストレス計測も可能。

・手に取ったところ

【新デザイン、より薄型に】

これまでのシリーズからデザインが大きく変わり、回転ベゼルが廃止。

デザインはより薄型となり、厚さは10.5mmに(昨年発売された Galaxy Watchは厚さ12.7mm)。

【軽量性】

重さ25g。最大63gあったGalaxy Watchの半分以下の軽さ

【5ATM防水】

最大5ATMの防水性能を装備。

日常生活での汗や、洗顔時の水滴、小雨など飛沫を防ぐことが可能。 シャワーを浴びてプールに飛び込むこともできます。

【価格は最安330ドルから】

価格は200ドル。Galaxy Watchより130ドル安いものとなっています。

【ディスプレイ】

1.1インチAMOLEDディスプレイ。Gorilla Glass 3 搭載

【防水防塵、耐久性】

防水防塵規格「IP68」、耐久性を示すアメリカ国防総省規格「MIL-STD-810G」に対応。

④:プロモーションビデオなど

・サムスン公式ビデオ

・紹介ビデオ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク