モトローラの折りたたみ型スマホ「Motorola RAZR」、背面画面の使い方の一部が明らかに

スポンサーリンク

モトローラの折りたたみ型スマホ「Motorola RAZR」、背面画面の使い方の一部が明らかに

すでに開発中であることが明らかになっている、モトローラの新型折りたたみ型スマートフォン「Motorola RAZR」。アメリカの大手経済新聞、ウォールストリートジャーナルによれば、この新型スマホは1500ドルほどで発売される模様。

・リーク情報を元にした、「Motorola RAZR」の予想デザイン(本体を開いたとき)

・リーク情報を元にした、予想デザイン(本体を閉じたとき)。背面側にもディスプレイが搭載

そして今回、WIPO(世界知的所有権機関)のオンライン特許データベースにおいて、この新型スマホの情報が発見。

縦に開くカタチの折りたたみスマートフォンとなる、この「Motorola RAZR」ですが、その「使い方」の一部が明らかになっています。

「Motorola RAZR」の、明らかになった使い方

  • このスマートフォン「Motorola RAZR」は、オモテ面と背面、両面共にディスプレイが備えられる
  • スマートフォンを開くと、背面ディスプレイはトラックパッドとして機能する。このトラックパッド機能は、Google ChromeでWebページのスクロールとして用いたり、ほかアプリでタイムラインのスクロールをするといったことが可能。
  • 最大で同時に6つのクイック設定タイル(ショーツカット)が、背面ディスプレイには表示できる
  • カメラアプリでは、ユーザーはオモテ面のメインディスプレイをタップして写真を撮影したり、スワイプしてズームインすることができる。
  • 背面ディスプレイには時計、通知、メディアコントロールが表示可能。メインディスプレイと異なる壁紙を設定することもできる

下図は特許文書から

ソース

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク