ミンチー・クオ「19年高性能iPhoneは、ソニー製1200万画素超広角レンズを搭載。前面カメラは1200万画素に」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「19年高性能iPhoneは、ソニー製1200万画素超広角レンズを搭載。前面カメラは1200万画素に」

・予想デザイン

おなじみアナリストのミンチー・クオ氏が2019年に発売されるiPhoneに関し、最新レポートを行っています。

以下概要

・2019年高性能iPhoneは、6.5インチOLED有機ELディスプレイモデル、5.8インチOLEDモデル、および6.1インチLCD液晶ディスプレイモデルの3機種が発売

・OLEDモデルはトリプルカメラ構成

・トリプルカメラの内訳は、1200標準カメラ+1200万画素望遠カメラ+1200万画素超広角カメラ

・くわえて1200万画素超広角カメラは、ソニー製1umセンサーを搭載

・また前面カメラは現在の700万画素+4Pレンズに代わり、1200万画素+5Pレンズになる

・一方、液晶ディスプレイモデルのメインカメラはデュアルカメラ構成

via

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク