”ファスト映画”投稿容疑で男性ユーチューバー逮捕。「ファストシネマ」か

”ファスト映画”投稿容疑で男性ユーチューバー逮捕。「ファストシネマ」か

映画を数分程度の動画に再編集し、お話のあらすじを紹介する、いわゆる「ファスト映画」を動画サイト「YouTube」に投稿したとして、宮城県警が48歳の男性を逮捕しました。

時事通信が伝えています。

今回の報道では、逮捕された男性の動画チャンネル名は明らかになっていませんが、「ファストシネマ(現チャンネル名:みんなの行政地図)」だと見られています。同チャンネルは昨年12月、警察のガサ入れを受けたことをYouTube動画にて明らかにしていました。

また逮捕が間近であることが警察から漏れていたのか、ここ最近では、日本テレビや読売新聞、朝日新聞、TBSなど在京大手メディアからのインタビューを受けていたようです。

業界団体「コンテンツ海外流通促進機構」によりますと、ファスト動画による被害額は約960億円。今回逮捕された男性は、取り調べに対し「引用の範囲なので違法ではないと思っていた」と容疑を否認しているそうです。

リンク:時事通信「ファスト映画」投稿容疑 ユーチューバー逮捕、全国2例目―宮城県警」

参考文献:ユーチュラ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク