「メタルギア」シリーズでボーカルを担当した歌手氏「小島秀夫監督は今も東京に滞在。もうすぐすべてが明らかになる」

Hideo-Kojima-798x350

スポンサーリンク

コナミ小島秀夫監督、現在も東京に滞在中。もうすぐ去就が明らかになる?

「スナッチャー」「ポリスノーツ」らの作品で知られるコナミのゲームデザイナー・小島秀夫監督。

最新作『メタルギアソリッド V ファントム・ペイン(MGS5)』の開発途中から所属元コナミとの確執が伝えられ、同作の完成後は「コナミを退社した」「いやまだ在籍している」などなど様々な憶測情報が飛び交っている小島監督ですが、その去就がもうすぐ明らかになるかもしれません。

PSPのゲームソフト『メタルギアソリッド ピースウォーカー』で主題歌“Heaven’s Divide”を、 MGS5でも劇伴”Sins of the Father”のボーカルをそれぞれ務めた歌手のドナ・バーク氏が最近テックサイト「MetalGearSolid.be」のインタビューを受けて述べたところによれば、「小島監督は現在も東京に滞在中であり、すべてはもうすぐ明らかになる」とのこと。

加えてバーク氏は「小島氏が次に何をするのか知って、非常にエキサイティングしている」ともコメントしています。

まあ実際のところ、バーク氏のコメントは「マスコミ向けする、よくある定型表現のそれ」のような気もしないでもないですが、単にそれだけに留まるコメントではないことを感じるのも確か。

もうすぐ、小島監督が新たに取り組んでいるものが明らかになるのでしょうか。これは要注目ですね。

[MetalGearSolid.b:Interview with Donna Burke, singer of Metal Gear Solid V: The Phantom Pain’s theme song]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク