台湾、子供の長時間モバイル端末使用に罰金刑

nexus6-20141016-4

台湾情報サイトのフォーカス台湾が報じるところによれば、台湾立法院は「児童及び少年の福利と権益保障法」の改正案を可決した。現行法においては喫煙、飲酒、ドラッグの使用、暴力的なテレビ番組の視聴をしてはならないなどと明記されているが、今回の改正を受けてスマートフォンを含むモバイル端末も対象となる。

今後は子供に長時間モバイル端末などを使用させた場合、保護者に1万台湾元(約4万円)~5万元(約19万円)以下の罰金が科せられるようになる見込み。

参考

フォーカス台湾:台湾、子供に長時間モバイル端末使用させた保護者に罰金へ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)