有名アナリストによる、「MacBook Air(2022)」のスペック予想。搭載チップ・デザイン・ミニLED有無・発売時期

スポンサーリンク

有名アナリストによる、「MacBook Air(2022)」のスペック予想。搭載チップ・デザイン・ミニLED有無・発売時期

アナリストのミンチー・クオ氏が、2022年内の発売が期待されるもう一つのMac製品、「MacBook Air(2022)」について、いくつかの詳細を発表しています。

・全く新しい本体デザイン

Kuo氏によると、2022年のMacBook Airは全く新しいフォームファクターデザインになるとのことです。これまでの噂では、新しいMacBook Airは、よりMacBook Proに近い外観になり、ベゼル部分も備えるとのことでした。

・さまざまな本体カラー

また本体カラーについても、ブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルなど、24インチiMacと同様、さまざまなカラーオプションの登場が期待されています。

ベゼル、キーボード部分も黒ではなく、オフホワイトに統一されるとの話。

・チップセット

一方でKuo氏は、MacBook Air(2022)では、チップセットに「Apple M1 改良版」を採用するとしてします。これは、新型チップ「Apple M2」の搭載を予期するブルームバーグなど他メディア・識者のレポートとは異なる話となっています。

・ミニLEDは搭載しない

MacBook Airでは、ミニLEDディスプレイは搭載しません。この高性能パネルの搭載は、MacBook Proなど上位モデルのみの恩恵となるようです。

・発売時期、量産時期

Kuo氏は、MacBook Air(2022)量産開始時期を「2022年第2四半期後半(5月・6月)~第3四半期(7月~9月)」になるとしています。

発売時期はそのあと、2022年後半となります。

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク