噂:次世代機ニンテンドースイッチ2、AI超高解像技術「DLSS 2.0」をサポート。求人広告から

スポンサーリンク

噂:次世代機ニンテンドースイッチ2、AI超高解像技術「DLSS 2.0」をサポート。求人広告から

ここ最近の求人広告から判断するに、任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch 2(仮)」は、NVIDIAの新テクノロジー「DLSS 2.0」 をサポートする可能性がありそうです。

NVIDIAのチップセット、Tegraカスタムを搭載する現行Switch。一方、NVIDIAは現在「ゲームコンソールやAIエッジデバイス向けの次世代グラフィックスおよびAIテクノロジーに取り組む、Tegraソリューションエンジニアリングチームのシニア組み込みソフトウェアエンジニア」を募集中。

募集要項によれば、採用されたエンジニアはNVIDIAにおいて 「「DLSS 2.0」 等、人工知能を利用するグラフィックス」に取り組みます。

任天堂の現在のアプローチに沿った「DLSS 2.0」

ディープラーニングを利用して、高品質なアンチエイリアシングやアップスケーリングなどの実行を可能とするAI技術が、この「DLSS 2.0」。

大手サイトPC Watchのレポートによれば、DLSS 2.0によって、4分の1から2分の1のピクセルをレンダリングするだけで、ネイティブ解像度に匹敵する画質を提供可能です。

・DLSS 2.0の様子

今回の件に話題を戻すと、もちろん該当の求人広告それ自体がニンテンドースイッチ2におけるDLSS 2.0サポートを意味するものではないものの、DLSS 2.0は「低コストと高パフォーマンスの両立」という、任天堂の現在のアプローチに沿ったものとなっており、その採用は理にかなったものと言えそう。

実際、大手サイトDigital Foundryが今年初めに実施した、現行SwitchにおけるDLSSのアップスケーリングテストは良好な結果を示しており、Nintendo Switch 2でのDLSS 2.0のサポートは、それほど現実離れしたものではないところとなっています。

・現行SwitchにおけるDLSSのアップスケーリングテスト

SOURCE:wccftech

参考文献:PC Watch「NVIDIA、2倍高速化で画質も向上したAI処理技術「DLSS 2.0」を投入」、2020年3月24日

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク