ソニー、小型プロジェクター用デバイス『SXRD241A』を発表。世界最小、0.37型でのフルHD解像度を実現。小型プロジェクターのさらなる高解像度化、高画質化が可能に

スポンサーリンク

ソニー、小型プロジェクター用デバイス『SXRD241A』を発表。世界最小、0.37型でのフルHD解像度を実現。小型プロジェクターのさらなる高解像度化、高画質化が可能に

・フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD 『SXRD241A』と高画質信号処理駆動LSI 『CXD3554GG』

ソニーは、ポータブルプロジェクター用ディスプレイデバイスとして、反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD(Silicon X-Tal(crystal) Reflective Display)『SXRD241A』と、高画質信号処理機能を搭載した専用駆動LSI『CXD3554GG』の商品化をアナウンスしました。

量産出荷時期は2018年8月、サンプル価格は1万2000円です。

・世界最小、0.37型でのフルHD解像度を実現。ポータブルプロジェクターのさらなる高解像度化、小型化、高画質化が可能に

『SXRD241A』は、ソニー独自の狭画素ピッチ技術により画素ピッチを縮小し、0.37型の世界最小サイズでフルHD解像度を実現。

遮光層の追加や画素構造の最適化により遮光特性を大幅に向上、くわえてRGBの光源を順番に高速で切り替え、そのタイミングに合わせて液晶を駆動させる時間分割の駆動方式を採用することで、1つのパネルでフルカラー表示を可能としています。

高画質信号処理機能を搭載した専用駆動LSI『CXD3554GG』と合わせ、ポータブルプロジェクターのさらなる高解像度化、小型化、高画質化を可能とします。

・9月IFAでの搭載製品の登場に期待?

ソニーのプロジェクターと言えば、大ヒットとなった小型プロジェクター「LSPX-P1」など魅力的な製品が多いもの。今回のデバイスにおける量産出荷時期は2018年8月とのことで、9月のカンファレンスIFAでの搭載製品の登場に期待したいところ。

・大ヒットとなった「LSPX-P1」

リンク:

ソニー株式会社プレスリリース「世界最小※10.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD™および専用信号処理駆動LSIを商品化 ポータブルプロジェクターのさらなる高解像度化、小型化を可能に

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク