Galaxy Note20 Ultraは「Gorilla Glass史上最高のタフさ」を誇るGorilla Glass Victusを採用、衝撃にかなり強い。テスト結果も良好

スポンサーリンク

Galaxy Note20 Ultraは「Gorilla Glass史上最高のタフさ」を誇るGorilla Glass Victusを採用、衝撃にかなり強い。テスト結果も良好

サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra」は、強化ガラスにコーニング社製「Gorilla Glass Victus」を採用しています。

この「Gorilla Glass Victus」は、コーニングが今年7月に発表した最新強化ガラスで、同社によれば「Gorilla Glass史上最高のタフさ」を誇るという製品。

具体的には、固く粗い表面への耐落下性が最大2mまで向上し、耐擦傷性でも前世代である「Gorilla Glass 6」から最大2倍向上。競合のアルミノシリケートガラスに比べれば、最大4倍の耐擦傷性を有すそう。

テスト結果の様子

実際に行われた耐衝撃落下テスト(下の動画)では、Galaxy Note20はかなりの耐衝撃性能を示す結果となりました。

比較として同時にテストされたiPhone 11 Pro Maxがボロボロとなる一方で、Galaxy Note20 Ultraの傷は最小限にとどまっています(傷が無いわけではない)。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク