一人ぼっちは動物もいや!家に取り残される孤独感から鬱病になるペットが急増

02F6E5AA000005DC-3006539-image-a-75_1427040006925

スポンサーリンク

イギリスのペットの80パーセントが多動性の行動障害に苦しむ

イギリスでは近年、日中家で1人(1匹)きりで過ごすストレスから、抗うつ剤を処方されるペットが急増、社会問題となっているそうです。

加えて、現在同国内で飼われている犬のおよそ80パーセントが多動性の行動障害に苦しんでおり、これは誰もいない家に長時間取り残されることによるストレスが関連しているといわれています。

飼い主と長時間離れることは行動過敏、強迫性障害、不安障害といった症状につながると獣医は警告します。

安易な投薬ではなく、ペットにもっと愛情を

しかしながら、ペットのうつ症状の増加に伴っての安易な抗うつ剤の投与を行う最近の風潮に対しては専門家の間で懸念が広まっています。

ウィンチェスター大学で動物の福祉と倫理を教えるアンドリュー・ナイト教授は、「近年では犬や猫に加え、鳥など他のペットまで行動障害が増えています」と話した上で、こう付け加えました。

「心からやさしく接したり、甘いものをあげたりと、心地よく過ごしてもらうよう最善を尽くしていますが、それでも極めて攻撃的だったり、やたらと不安がったりと、手に負えない動物たちをいつも目にしています。ストレスを受けた動物に対し、薬を与えて落ち着かせようとするのではなく、彼らに対し心からの愛情を注ぎ、そして関心を向けてあげるべきです。そうすることによって初めて、本当に動物を愛する人たちの国と言えるようになるでしょう。」

26E56E0200000578-3006539-image-a-77_1427042479002

関心を向け愛情をもって接してあげることは、ペットの重大な福祉問題

現在、イギリスの市場では動物用の抗うつ剤としてクロミプラミン、セレギリン、リコンサイルなどいったものが出回っていますが、これらはすべて、プロザックという製品名で販売されている人間用の抗うつ剤フルオキセチンと同じような作用を示します。

動物愛護団体の「ピープルズ・ディスペンサリー・フォー・シック・アニマルズ」の調査報告によれば、ペット犬の飼い主のうちおよそ4分の1が、日頃ペットを5時間以上家の中に放置し、加えて散歩に連れて行ってもらえない犬も250,000匹存在します。これらはペットに深刻な行動障害をを引き起こします。

先ほどのナイト教授は、加えて犬には愛情と関心をもって臨まないといけないと話します。「犬は毎日歩くことが重要ですが、しかしながら飼い主が外に働きに出ている間、家に取り残され何もすることがないワンちゃんが沢山います。」

「こうした寂しい状況から、飼い主に関心を向けてもらうため、吠えたり、家具を破壊したりする犬が増えてもおかしくありません。こうした問題はペットのいる家庭で拡大しており、動物たちにとって見えづらくも重大な福祉問題なのです。」

英国小動物獣医協会では、抗鬱剤の処方は必ず獣医の診断後に行うよう注意を促しています。

引用

dailymail:Surge in number of pets prescribed antidepressants to ‘reduce stress of being left home alone all day’

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク