ソニーとLINE、AIプラットフォームでの連携を検討。ソニーはAIエージェント「Xperia Agent」を出展

スポンサーリンク

ソニーとLINE、AIプラットフォームでの連携を検討。ソニーはAIエージェント「Xperia Agent」を出展

・音声会話でAIエージェント「Xperia Agent」に話しかけ、コーヒーを入れてもらう様子

スペインのバルセロナで開催中のモバイルデバイス関連カンファレンス「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2017」では、ソニーとLINEの両社から、AIプラットフォームにおける連携を検討する旨がアナウンスされました。

今後両社は今後AIを活用した製品の開発に関し、共同での開発を模索します。

すでにMWC 2017では、ソニーはAIエージェント「Xperia Agent」をここ近辺のカンファレンスに引き続き出展。一方のLINEはクラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表しました。

・Xperia Agent

・LINEの「Clova」

このXperia AgentやClova FACEでは、AIアシスタントが自然な音声会話と動作で、ユーザーの日々の生活をアシスト。

Xperia Agentは発売が未定ですが、LINEのClovaプロダクト第1弾、AIスマートスピーカー「Clova WAVE」は今夏の発売が予定されています。

リンク:

LINE「LINE、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表」

ソニー「ニュースリリース Mobile World Congress 2017出展について

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク