アメリカ大手紙WSJ最新レポート。iPhone 8はGalaxy以上の高解像度有機EL搭載、エッジスクリーンモデルの発売は無くなった、など

スポンサーリンク

アメリカ大手紙WSJ最新レポート。iPhone 8はGalaxy以上の高解像度有機EL搭載、エッジスクリーンモデルの発売は無くなった、など

iphone7

iPhone 8まとめ⇓

アメリカの大手経済系新聞「The Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)」が2017年にAppleから発売予定の新型 iPhone、 「iPhone 8」について新たなレポートをしています。

・アップルは現在、複数の有機ELディスプレイメーカーにサムスン製のディスプレイより高解像度な有機ELディスプレイのプロトタイプを作らせている。2017年登場の iPhone 8 はGalaxy S7シリーズのQWHD (1440 x 2560)以上の高解像度ディスプレイを搭載か

・iPhone 8の試作品は10モデル以上を超えており、その中には登場が以前から噂されている、側面がカーブしたGalaxy S7 edgeのような形状のモデルもあった

・ただ結局、カーブスクリーン状のiPhone は、コストがかかるとの理由で2017年には商品化されないことになった

・2017年に登場するiPhoneについて、ここでは iPhone 8と書いているが、実際はiPhone 8になるのかそれともiPhone 7sになるのかわからない。

参考:

The Wall Street Journal

http://www.wsj.com/articles/apple-iphone-with-curved-screen-could-come-as-soon-as-next-year-1480326466

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)