XPS 13 (2019)、6コアIntel Core i7-10710U(第10世代)モデルが海外で登場。約11万円から

スポンサーリンク

XPS 13 (2019)、6コアIntel Core i7-10710U(第10世代)モデルが海外で登場。約11万円から

Dell (デル)のプレミアムノートPCシリーズとして人気の「XPS 13」。

同社は海外市場にて、6コアを備えた「XPS 13 Intel Core i7-10710Uモデル」の発売を開始しました。価格は999ドルから(約11万円)。

XPS 13で6コアモデルが登場するのはこれが初めて。ライバル機種を見渡すと、Appleは15インチMacBook Pro では6コアと8コアそれぞれのモデルを展開してますが、より13インチMacBook Proでは4コアモデルにとどまっています。

・PASSMARKで14400点の高得点

今回の6コアモデルに搭載されるCPU、Core i7-10710Uは最新「第10世代インテルCoreプロセッサ」。スペック的にはコア数6コア、クロック周波数1.10GHz、TDP15W。

ベンチマークスコアはPASSMARKで14400点の高得点。

XPS 13 Intel Core i7-10710Uモデルのそのほかのスペックとしては、16GB LPDDR3デュアルチャネルSDRAM、13.3インチディスプレイ、256GB SSD、Windows 10 Home 64bit、Wi-Fi 6、 52 Whr バッテリーなど(一部スペックはカスタマイズ可能)。

・こちらはすでに発売中のXPS 13(2019)

リンク:海外DELL公式サイト

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク