XPS 13 (2019)、6コアIntel Core i7-10710U(第10世代)モデルが海外で登場。約11万円から

スポンサーリンク

XPS 13 (2019)、6コアIntel Core i7-10710U(第10世代)モデルが海外で登場。約11万円から

Dell (デル)のプレミアムノートPCシリーズとして、人気の「XPS 13」。

同社は海外市場にて、6コアを備えた「XPS 13 Intel Core i7-10710Uモデル」の発売を開始しました。価格は999ドルから(約11万円)。

XPS 13で6コアモデルが登場するのはこれが初めて。

ライバル機種を見渡すと、Appleは15インチMacBook Pro では6コアと8コア、それぞれのモデルを展開しておりますが、13インチMacBook Proでは4コアモデルにとどまっています。

・PASSMARKで14400点の高得点

今回の6コアモデルに搭載されるCPU・Core i7-10710Uは、最新「第10世代インテルCoreプロセッサ」。スペック的にはコア数6コア、クロック周波数1.10GHz、TDP15W。

ベンチマークスコアはPASSMARKにおいて14400点の高得点。

XPS 13 Intel Core i7-10710Uモデルのそのほかのスペックとしては、16GB LPDDR3デュアルチャネルSDRAM、13.3インチディスプレイ、256GB SSD、Windows 10 Home 64bit、Wi-Fi 6、 52 Whr バッテリーなど。一部スペックはカスタマイズも可能です。

・こちらはすでに発売中のXPS 13(2019)

リンク:海外DELL公式サイト

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ソキウス より:

    >穴井さん

    当サイトはhtppsに対応していないため、お使いのブラウザによってはそのような警告が出てしまいます…。例えば、sleipnirで表示が出ることを確認しております。

    サイト閲覧によってユーザーの方の個人情報を盗むようなことは決しておこなっていないのですが、不気味な表示を出させてしまい申し訳ありません。