新型「arrows BZ01」が発表。安定してセキュアな通信を行うsXGP規格に対応したビジネスモデル

スポンサーリンク

新型「arrows BZ01」が発表。安定してセキュアな通信を行うsXGP規格に対応したビジネスモデル

富士通コネクテッドテクノロジーズは、法人向けとなる新型SIMフリースマートフォン「arrows BZ01」を発表しました。11月下旬より発売します。

・ビジネスモデルならではの特徴を持つスマートフォン

本機は3GPPで標準化されているTD-LTE方式をベースに、他方式との共存仕様を加えたsXGP方式に対応。自営の内線網と屋外での携帯電話網とをシームレスかつセキュアに安定して接続します。

ほか、アメリカ米軍認定の耐久規格「MIL」にて23項目をクリアした耐久・耐衝撃性能や、Wi-Fiのみでも安定した通信を実現させる「Wi-Fiハンドオーバー」といった機能も搭載。

基本的な性能としては、OSにAndroid 9、ディスプレイが5.6型液晶、解像度2220×1080ピクセル。CPUにクアルコムSnapdragon 450 SDM450、メモリー3GB、内蔵ストレージ32GB。microSDXCメモリーカード最大400GB。

メインカメラは1220万画素シングルカメラ。前面カメラは810万画素。バッテリー容量2780mAh、IPX5/IPX8防水防塵。

サイズは147×70×9.1mm、重さは146g。

本体価格は今のところ不明です。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク