リコー発のスタートアップから、ペン型全天球カメラの開発が発表

スポンサーリンク

リコー発のスタートアップから、ペン型全天球カメラの開発が発表

スリムかつ奇抜なデザインが目を引く、ペン型全天球カメラの開発が発表されました。

開発するのはベクノス株式会社。同社は、民生用全天球カメラとして今やおなじみとなった「RICOH THETA」の開発コアメンバーが中心となり2019年8月に発足されたリコーのスタートアップカンパニーです。

今回のペン型全天球カメラに関し、詳しいスペックやまだ不明。ただ「すぐれた携帯性、デザイン性を実現するために、側面に3つ、天面に1つの計4つのレンズからなる独自の光学系を搭載しています」とのこと。

なお発売時期については、「今年2020年発売」となっています。

リンク:ベクノス

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク