Fossil、新型スマートウォッチ「Fossil Gen 6 Hybrid」を発表。クラシックで優美なデザイン、SpO2計測可能

スポンサーリンク

Fossil、新型スマートウォッチ「Fossil Gen 6 Hybrid」を発表。クラシックで優美なデザイン、SpO2計測可能

Fossilから、よりクラシックでエレガントなデザインを好む人向けのスマートウォッチが発表されました。

この新型モデル「Fossil Gen 6 Hybrid」は、他のGen 6スマートウォッチのデザイン要素を取り入れ、より多くの技術をハードウェアに詰め込んでいます。

エレガントなデザイン

デザインは2種類あり、それぞれ”Machine”と”Stella”となっています。まず前者の”Machine”は、45mmのケースサイズにテクスチャーをあしらったベゼル部分を備え、ブラック、スモーク、シルバー、3つの本体カラーを揃えています。

一方の”Stella”は、40.5mmと小さめのケースに、ローズゴールド、シルバー、ツートーンなど、より女性らしいカラーリングが特徴。

両モデルとも、3リンクのメタリック、クラシックなレザーまたはシリコンバンドなど、異なる素材のバンド(それぞれ18mmと24mm)を交換することができます。

基本的な性能

両モデルの基本的な性能としては、2週間のバッテリー寿命、長針と短針による時刻表示、睡眠トラッキング、歩数トラッキング、通知機能、カスタマイズ可能なウォッチフェイス、常時計測できる心拍数、ワークアウトのモニタリング、SpO2(酸素飽和度)計測など。

またAmazon Alexaに対応した内蔵マイクも新たに搭載されています。

本体価格

海外では6月27日から発売中。基本モデルは本体価格が229ドル(約3万1600円)、メタリックバンド付きのモデルでは同249ドル(約3万3800円)となっています。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク