サムスン、新型「Galaxy A12」を発表。4800万画素4眼カメラ・5000mAhバッテリー、約2万2300円から

スポンサーリンク

サムスン、新型「Galaxy A12」を発表。4800万画素4眼カメラ・5000mAhバッテリー、約2万2300円から

サムスンから新型スマートフォン「Galaxy A12」が発表されました。

スペック

3月に発表されたGalaxy A11の後継モデル。カメラとバッテリーを中心にアップグレードが行われています。

・画面、メモリなど

ディスプレイが6.5インチInfinity-V。解像度が1560×720。

チップセットが名称不明のオクタコア(2.3 GHz、1.8 GHz;おそらくHelio P35)。メモリ3/4/6GB、ストレージが32/64/128GB。最大1TBまでのmicroSDカードに対応。

OSがAndroid 10。

・カメラ、バッテリー

メインカメラはマクロカメラが追加され、4眼クアッドカメラに。構成は4800万画素メイン+500万画素超広角+200万画素深度センサー+200万画素マクロ。

一方の前面カメラは800万画素。

ほかバッテリー容量が5,000mAh、急速充電は15W。サイズ164 x 75.8 x 8.9 mm、重さ205g。

価格・発売日

本体カラーは黒、青、白、赤の4色。2021年1月に発売予定。

本体価格は64GBモデルが179ユーロ(約2万2300円)から、128GBモデルが199ユーロ(約2万4800円)からとなっています。

【関連記事】

サムスン、新型「Galaxy A02s」を発表。3眼トリプルカメラ、約1万8700円 サムスンから、新型ス...
サムスン、新型スマホ「Galaxy M21s」を発表。6400万画素3眼カメラ・約2万4500円 サムスン...

リンク:samsung

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク