ガーミン、新型スマートウォッチ「Garmin Venu SQ」を発表。SpO2センサー・NFC。約2万1600円

スポンサーリンク

新型スマートウォッチ「Garmin Venu SQ」が発表。SpO2センサー・NFC。約2万1600円

ガーミンから新型スマートウォッチ「Garmin Venu SQ」が発表されました。

スペック

昨年発表された「Garmin Venu」の廉価モデル。ディスプレイがVenuでの円形状と異なり、SQ(正方形)となっています。

ディスプレイに1.3インチ液晶。解像度は240 x 240ピクセル。アルミニウムフレーム、Gorilla Glass 3強化ガラスを採用。

バッテリーは1回の充電で最大6日間持続。GPSモードでは最大14時間持続。時計の重量は37.6グラム、本体厚さは11.5 mm。NFC/Garmin Payにも対応。

トラッキング機能としては、歩数、睡眠、月経周期、ストレスなど基本的な計測のほか、終日の健康モニター機能も搭載。血中酸素飽和レベルを測定する、SpO2センサーも備えています。

本体価格・カラー・発売日

本体価格は199.99ドル(約2万1600円)。すでに海外では発売されており、現在、海外GarminのWebサイトとAmazon.comにて購入可能。

スマホ無しで各種音楽ストリーミングサービスを利用できる、Music Editionもあり。こちらは249.99ドル(約2万6300円)。

本体カラーはオーキッド/メタリックオーキッド、ホワイト/ライトゴールド、シャドウグレー/スレートの各色で展開されています。

【関連記事】

ガーミン「Venu SQ」と「Venu」のスペック・性能を比較 ・こちらがガーミンの新型モデル「Venu SQ」 ...
ガーミン「Venu SQ」と「vivoactive 4」、製品スペックの比較 ・ 先日発表された...

SOURCE:slashgear.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク