ファーウェイ、新型「MatePad 10.4」を発表。優れたディスプレイ性能・オーディオ性能・スタイラスペン対応。約2万8000円から

スポンサーリンク

ファーウェイ、新型「MatePad 10.4」を発表。優れたディスプレイ性能・オーディオ性能・スタイラスペン対応。約2万8000円から

ファーウェイは、10.4インチ新型タブレット「MatePad 10.4」を発表しました。

Huawei MatePad 10.4 のスペック

・10.4インチIPS液晶ディスプレイ

10.4インチIPS液晶ディスプレイ、解像度は2K(2000 x 2100)。タブレットとしては薄めのベゼルデザイン。アルミニウムフレームと背面アルミニウム素材による、軽量性と耐重性に優れた1台。

メモリ容量は4GBまたは6GB。内臓ストレージは64GBまたは128GB。

チップセットはKirin 810プロセッサー。最大512GBまでのMicro SDカードに対応しています。OSはAndroid 10ベースのEMUI 10.1。

・7250mAhバッテリー、18W急速充電

メインカメラは800万画素シングル。オートフォーカスとLEDフラッシュを搭載。セルフィーカメラも800万画素。メインカメラの性能としては、HDR撮影やタイムラプス撮影などが可能。

そのほか、7250mAhバッテリー、18W急速充電サポート。

通信対応は4GLTE。噂された、5Gモデルの登場はありませんでした。LTEモデルのほか(BAH3-AL00)、Wi-Fi(BAH3-W09)モデルも発売。

・学習向けのタブレットとしても最適な、すぐれたディスプレイ性能とオーディオ性能

学習向けのタブレットとしてもアピールされており、お子様の学習に適した各種機能を搭載。教育用アプリの充実のほか、M-Pencilアクティブスタイラスもサポート(スタイラスペンは別売り)。教育用アプリとコンテンツのみ表示する「カスタムデスクトップモード」も搭載しています。

またディスプレイはドイツの認証機関「テュフラインランド」による認証を受けており、性能的にはバッチリ。明るさとコントラストを自動的に調節してくれるほか、勉強に最適な、目に優しい「モノクロ画面モード」を搭載しています。

オーディオ面では「Histen 6.0」と「Harman Kardon Audio」による4つのスピーカーを装備。リスニング学習やオーディオ体験において、その性能を発揮します。

くわえて、会話中のバックグラウンドノイズを除去するノイズキャンセリング機能も装備。4つのマイクも備えています。

・モノクロ画面モード

Huawei MatePad 10.4 の本体価格と発売日

Wi-Fiモデルは、4GB / 64GBバージョンが1899人民元(約2万8000円)。6GB + 128GBバージョンは2199人民元(約3万3500円)。

LTEモデルはバージョンは、6GB + 128GBバージョンのみとなっており、2499人民元(約3万8000円)。

4月26日から海外で発売されます。

・スタイラスペン対応

source:gizmochinaVMALL

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク