シャオミ、新型スマートウォッチ「Zepp Z」を発表。高級感あるデザイン、最大30日間バッテリー持ち

スポンサーリンク

シャオミ、新型スマートウォッチ「Zepp Z」を発表。高級感あるデザイン、最大30日間バッテリー持ち

シャオミのサブブランドHuamiから、新型スマートウォッチ「Zepp Z」が発表されました。クラシックスタイルの時計デザインを踏襲し、高級感ある装いが特徴的な一台です。

スペック

・ディスプレイなど

ディスプレイが1.39インチAMOLED。解像度は454×454ピクセル。最大輝度550nit、NTSC色域100%と画面性能も優秀。加えてAlways on Display機能も搭載しています。

ほか16MBメモリ、軽量40グラム。

・計測機能。SpO2計測搭載

歩数計測、睡眠計測、ストレス計測などに加え、ウォーキング、サイクリング、トレッドミル、水泳など12のスポーツトラッキングや、24時間365日計測可能な心拍数計測に対応。SpO2センサーも搭載し、酸素飽和度計測も可能です。

・バッテリー持ち

バッテリー持ちは基本的な使用で30日間、毎日の使用で15日間。バッテリー容量は340mAh。

そのほか、5ATM防水対応、GPS搭載。

価格・発売日

アメリカではすでに発売中。本体価格は349ドル(約3万6000円)。

Android 5.0およびiOS 10.0以降のスマートデバイスに対応しています。

【関連記事】

シャオミの新型スマートウォッチ「Amazfit Bip U」が日本発売決定、価格11,880円。SpO2センサー搭載 ...

リンク:ZEPP

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク