ソニー、新型スマートフォン「Xperia 5」を発表。Xperia 2と噂された6.1型、トリプルカメラ搭載

スポンサーリンク

ソニー、新型スマートフォン「Xperia 5」を発表。Xperia 2と噂された6.1型、トリプルカメラ搭載

ソニーモバイルはカンファレンスIFA 2019にて、新型スマートフォン「Xperia 5」を発表しました。

(以下更新中)

21:9アスペクト比CinemaWideスクリーンを備えた、6.1インチスマートフォン。ディスプレイはOLEDパネルを備え、メインカメラはトリプルカメラ仕様となっています

Xperia 5はSnapdragon 855を搭載していますが、残念ながらデバイス名の「5」は、5Gとは関係ありません。ソニーはチップセットを通常のX24 LTEモデムと組み合わせています。

ほか、メインカメラはXperia 1同様トリプルカメラ。(1200万画素+ 1200万画素+ 1200万画素)。配置は背面向かって左上。クリエイターモードも引き続き搭載。

またディスプレイサイズが小さくなったため、解像度はフルHD+:2520 x 1080ピクセルとなっています。サウンド面はかドルビーアトモスで強化されたステレオサウンド。スピーカーは本体下部に1個配置。

一方、新機能として、「スマートコネクティビティ」と呼ばれる機能が搭載されました。

LTEおよびWi-Fi信号を利用して電話機の動作を学習し、ワイヤレス接続から自動的にLTEに切り替わります。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク