ソニー、新型「Xperia 5Ⅱ」を発表。世界初4KHDR120コマ/秒スローモーション撮影・大容量4000mAhバッテリー・240Hz残像低減

スポンサーリンク

ソニー、新型「Xperia 5Ⅱ」を発表。世界初4KHDR120コマ/秒スローモーション撮影・大容量4000mAhバッテリー・240Hz残像低減

ソニーモバイルから、新型スマートフォン「Xperia 5Ⅱ」が発表されました。

スペック

・新搭載120Hzリフレッシュレート

ディスプレイに6.1インチ HDR OLED(有機ELディスプレイ)。解像度がフルHD+(2520×1080)、アスペクト比はこれまでと同じ縦型21:9。

画面特徴としては、DCI-P3 100%、ITU-R BT.2020(REC.2020)、イルミナントD65ホワイトポイント、10ビット色調グラデーション、Corning Gorilla Glass 6強化ガラス。

ディスプレイ面での新機能として、新たに120Hzリフレッシュレート、240Hzタッチスキャンレートを搭載。また残像低減は240Hzにスペックアップしています。

・Snapdragon 865搭載

チップセットはクアルコムのSnapdragon 865 オクタコア。メモリ8GB、ストレージは128GB UFS。1TBまでのmicroSDXCカードに対応しています。OSはAndroid 10。

・3眼トリプルカメラは新たに「4K HDR 120コマ/秒撮影」に対応

メインカメラは3眼トリプルカメラ。

構成は1200万画素メイン+1200万画素望遠+1200万画素超広角。焦点距離が24mm+70mm+16mm、F値がF1.7+F2.4+F2.2、センサーサイズが1/1.7型+1/3.4型+1/2.55型。

ほか特徴的なカメラ機能として、ハイブリッド手ブレ補正、シネマ撮影機能「Cinema Pro」、インテリジェントウィンドフィルター、ZEISSレンズ、20コマ/秒のAF/AE追従高速連写、プロ並みの撮影「Photography Pro」、リアルタイム瞳オートフォーカスなどを備えます。

また新たに「4K HDR 120コマ/秒撮影」に対応。すなわち4KHDRの高解像度高美麗にて、スローモーション撮影が可能となりました。なおXperia 1ⅡでのToFセンサーは廃止されました。

フロントカメラは800万画素、f2.0、1/4型。

・4000mAhバッテリー

通信面では5G通信対応、802.11a / b / g / n(2.4 GHz)/ n(5 GHz)/ ac / ax、Bluetooth 5.1。ポートはUSB 3.1。

バッテリー容量は4000mAh、PD急速充電に対応。ほかIP65/68防水防塵、PS4リモートプレイ、フロントステレオスピーカー、指紋認証センサー対応など。

本体カラーはダークブルー、ブラック、シルバーの3色。サイズは158 x 68 x 8.0 mm、重さは163gとなっています。

・プロモーションビデオ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク