2018年発売のiPhoneは曲がる?有機ELディスプレイが採用か?

Apple-display-suppliers-tipped-working-on-flexible-OLED-panels-for-a-future-iPhone

スポンサーリンク

iPhoneの2018年モデルは湾曲有機ELディスプレイが搭載される?

アップルが2018年以降に発売するiPhoneではディスプレイに「フレキシブル有機ELディスプレイ」が採用されるかもしれません。

なんでも今回韓国のパブリケーション関係者からもたらされた情報によれば、アップルは現在、ディスプレイによる彩度・画面輝度・色再現度などといった各種表現能力のさらなる改良を追及した結果、液晶ディスプレイから有機ELディスプレイの変更を検討し出すようになったとのことです。

とはいえ仮にiPhoneに有機ELが採用されるようになったとしても、それは早くとも2018年以降のモデルでのことであり、すなわち当分先のことになるようす。

それにしても、なぜ韓国の人物から情報がもたらされたのか不思議に思えますが、情報提供者曰く、これは有機ELディスプレイの供給業者がサムスンやLGといった韓国メーカーであるからとのこと。

アップルはすでに2018年以降の有機ELに向けてLG・サムスンなどといったディスプレイメーカーとすでに協議中であり、またLGは今後、液晶工場を徐々に有機EL工場に移行していくとのことです。

なおアップル製品では、すでに「Apple Watch」において、有機ELディスプレイの一種であるP-OLEDディスプレイが採用されているのはご承知の通りです。

iPhone化するGalaxy、Galaxy化するiPhone

それにしても有機EL搭載のスマートフォンといえばサムスンのGalaxy Sシリーズですが、最新Galaxy S6のアルミニウムボディを見ても分かる通り、ここ最近Galaxy SシリーズはさらにiPhoneに似てくるようになりました。

それにつけてiPhoneが有機ELを用いるとなると、これはiPhone化するGalaxyなのか、Galaxy化するiPhoneなのか、一体どちらなのか…。いずれにせよ、面白いことになりそうです。

[Phone Arena]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク