Apple WatchのプロセッサーはiPhone 4Sのプロセッサーとほぼ同じ

12651-6738-Apple-S1-chips-l

スポンサーリンク

Apple WatchのシステムはほとんどiOS8.2

Apple Watchは「Carousel」と呼ばれるシステムを採用していますが、このCarouselはほぼiOS8.2と同じであると、テック開発者のSteve Troughton-Smith氏がツイッター上で明らかにしました。

Apple WatchのファームウェアはおなじみのiOSではないですが、iPhoneと同期して用いられることから見ても、iOSと同じコードが使用されていると考えておかしくないと思われます。

Apple WatchのCPUはiPhone 4s、iPad 2のA5プロセッサーと同等

加えてSmith氏によれば、Apple Watchに搭載されているS1チップは、iPhone4sなどに使用されたA5とほぼ同じとのことです。

Apple WatchのファームウェアにはPowerVR SGX543というグラフィックス コア用のドライバーが含まれていますが、このPOWERVR SGX543 、2011年に発売されたiPhone4sやiPad 2で搭載されていたA5プロセッサにおいても用いられいていました。それゆえ、Apple WatchはiPhone 4sなどと同じではないか、ということです。

さらなる小型化、保護加工

また、Apple Watchに搭載されているS1プロセッサでは、技術の進歩より、A5プロセッサからさらに小型化がなされ、加えて樹脂による保護加工もなされているそうです。

[via:Appleinsider]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク