サムスンの新チップ「Exynos 1080」搭載の新型スマホ、”Orion”がリーク。Antutu歴代1位、69万3600点を記録

スポンサーリンク

サムスンの新チップ「Exynos 1080」搭載の新型スマホ、”Orion”がリーク

・Exynos 1080を擁するサムスン

Antutu歴代1位となる新型スマホ

サムスンの新型チップセット、「Exynos 1080」を搭載した新型スマートフォンがAntutuベンチマークスコアに登場しました。

本体名およびメーカー名不詳、コードネーム”orion”なるこのデバイスのAntutuスコアは「69万3600点」。これまでトップに位置していた「iQOO 5 Pro」を抜いて、Antutuランキング歴代1位となっています。

なおこの”Orion”、スペック的には、ディスプレイ解像度が2376 x1080ピクセル(フルHD+)、OSがAndroid 11、メモリが8GB LPPDDR5、ストレージが 512GB UFS3.1。チップセットは冒頭にもある通り、サムスン「Exynos 1080」を採用。

Exynos 1080のパフォーマンス性能について

Exynos 1080はサムスンが先日発表した新型チップセットで、製造プロセスは5nm。これは各社の新型ハイエンドチップ、Apple A14、Snapdragon 875、Kirin 9000、そしてExynos 2100などと同じです。

CPU IPにはCortex-A78コアを搭載し、現行A77コアに比べ同じ電力エンベロープで20%高いパフォーマンス、同じ性能パフォーマンスでは50%の省電力性を提供するものと説明されています。

・Cortex-A78のパフォーマンスについて

【関連記事】

新型「Mate 40 Pro」のAntutuベンチマークスコアがリーク。歴代1位スコアを記録 10月22日の発表イ...

SOURCE:ANTUTU

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク