iPad Air 4搭載の「A14」、GeekBenchスコアが明らかに。iPad Air 3搭載の「A12」から48%のスコア増。iPad Air 4のメモリ容量も判明

スポンサーリンク

iPad Air 4搭載の「A14」、GeekBenchスコアが明らかに。iPad Air 3搭載の「A12」から48%のスコア増。iPad Air 4のメモリ容量も判明

アップルの新型タブレット「iPad Air 4(iPad Air 第4世代)」で新たに搭載されたチップセット、「A14」。

ベンチマークソフト「GeekBench 5.2.0」におけるスコアが公開されました。

GeekBenchスコアが明らかに

それによれば、GeekBench シングルコアスコアが1583、マルチコアスコアが4198。

ほかのアップル内製チップセットと比較すると、iPhone 11シリーズで搭載されている「A13」がシングルコア:約1320、マルチコア:約3300。iPad Air 第3世代に搭載されている「A12」がシングル約:1115、マルチコア:2830。

すなわち、A14はA12から約48%スコア増、A13から27%増となっています(マルチコアスコアでの比較)。

・各チップセットのGeekBench ベンチマークスコア

チップ 主な搭載ハード シングル マルチ
A14 iPad Air 4 1583 4198
A12 iPad Air 3、iPad mini 5、iPhone XSシリーズなど 1115 2830
A13 iPhone 11シリーズ、iPhone SE 2など 1320 3300

A14のクロック周波数、iPad Air 4のメモリ容量も明らかに

またA14チップのクロック周波 数が「2.99Ghz」、iPad Air 第4世代のメモリ容量が「4GB」であることも併せて明らかになっています。

SOURCE:WEIBO

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク