新型「Moto E7」、FCC認証通過。Snapdragon 632・5000mAh・約1万8000円

スポンサーリンク

新型「Moto E7」、FCC認証通過

モトローラの新型スマートフォン、「Moto E7」がFCC認証を通過しました。まもなくの正式発表・発売が期待できそうです。

FCC認証では本体背面デザインが判明しており、どうやら本機はデュアルまたはトリプルのメインカメラを備える様子。

同時に5,000 mAhバッテリー、10Wの充電器同梱も明らかになっています。

Moto E7のリークスペック

これまでに判明している本機のスペックとしては、2GB / 4GBメモリ、32GB / 64 GBストレージ、チップセットはSnapdragon 632。ディスプレイは6.2インチ、画面解像度720×1520。

滴型ノッチデザインを採用するAndroid 10 OSのデバイス。

メインカメラが1300万画素+ 200万画素。セルフィーカメラが500万画素。

本体価格が148.07ユーロ(約1万8700円)の、低価格スマホとなっています。

【関連記事】

なお上位モデルの「Moto E7 Plus」の存在も明らかになっています。

新型「Moto E7 Plus」の本体実物画像と一部スペックがリーク モトローラの新型スマートフォン、「M...

SORUCE:FCCparatupc、 via dealintech

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク