ソニーの新型ヘッドフォン「WH-1000XM4」と「WH-1000XM3」のデザインを比較。耐久性やノイズキャンセリング性能の向上が期待できる

スポンサーリンク

ソニーの新型ヘッドフォン「WH-1000XM4」と「WH-1000XM3」のデザインを比較。耐久性やノイズキャンセリング性能の向上が期待できる

ソニーからまもなくの発表・発売が期待される新型ノイズキャンセリングヘッドフォン「WH-1000XM4」ですが、リーク写真を基に、現行モデル「WH-1000XM3」とデザインを比較した画像が公開されました。

パッと見たところでは変更点が分からない「WH-1000XM4」ですが、よくよく見ると、いろんな箇所に手が加えられているようです。

WH-1000XM4 と現行モデルを比べた写真

WH-1000XM3(左)とWH-1000XM4(右)を比べた写真、その1。WH-1000XM4では上部のヘッドバンドの位置が高いものに。くわえてサイドリブの角度が、よりゆるやかなものになりました。

こちらは、WH-1000XM4をWH-1000XM3に重ねた写真。耳のクッション部分がより大きくなっているのが新型WH-1000XM4。

大きなクッションの採用がパッシブノイズの分離に役立ち、アクティブノイズキャンセレーション機能の性能アップが期待されます。

ソニーWH-1000XM3とWH-1000XM4

こちらはイヤーカップの部分

ここではヒンジとイヤーカップのあいだのギャップが小さいものに改善。軋みが少なくなり、より使いやすくなりそう。

またWH-1000XM3において、ユーザーから亀裂や破損のレポートが寄せられていた箇所についても改良が加えられている様子。

サイドリブ部を厚くして耐久性を高め、クラックの可能性を最小限に抑えているようです。

WH-1000XM3(上)とWH-1000XM4(下)

・WH-1000XM4の全体デザイン

【関連記事】

ソニーの新型ヘッドフォン「WH-1000XM4」、大手ECサイトに登場。新機能(バッテリー持ちアップ・Bluetooth接続の改善)、本体デ...
6月発売と噂されるソニー「WH-1000XM4」、海外ユーザーからは「Xperia 1Ⅱ」とのバンドルパック発売を期待する声 ・こ...

source:thewalkmanblog

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク