FOSSIL、新型スマートウォッチ「Q Venture HR」「Q Explorist HR」(第4世代)を発表。心拍計・GPS・NFCを新搭載

スポンサーリンク

FOSSIL、新型スマートウォッチ「Q Venture HR」「Q Explorist HR」(第4世代)を発表。心拍計・GPS・NFCを新搭載。価格約28,000円から

高級感あるエレガントなデザインが日本でも好評のスマートウォッチメーカー「FOSSIL(フォッシル)」。同社は新型Android Wearスマートウォッチ「Fossil Q Venture HR」「Fossil Q Explorist HR」を発表しました。人気モデルの第4世代。

海外ではすでに予約が開始されており、9月24日に発売されます。

・2つのモデルの違いはサイズのみ

2つの主な違いはサイズです。

Exploristは直径45mm、Ventureは40mm。すなわち、交換可能なバンドはそれぞれ22mmと18mmとなっています。そのほかはスペック・価格ともに同じ。

レザーバンドは255ドル(約28,000円)、ステンレスバンドは275ドル(約30,600円)から。

・心拍計・GPS・NFC機能を新搭載

「HR」のモデル名で分かるように、それぞれの時計には心拍センサーが搭載されました。加えて、新たにGPS受信機能を搭載。NFCも搭載し、Google Payをサポートしています。

日本での発売は不明ですが、人気のメーカー製品だけに、期待したいところ。

Fossil Q Venture HR / Explorist HR のスペック

OS:Android Wear 2.0

チップセット:Snapdragon 2100

防水・防塵:IP67

心拍計:あり

NFC:あり。GooglePay対応

GPS:あり

サイズ:Exploristは45mm、Ventureは40mm

価格:レザーバンド255ドル(約28,000円)、ステンレスバンド275ドル(約30,600円)

リンク:FOSSIL公式ページ(海外)

Source 1 | Source 2

スポンサーリンク