各国の男女の賃金格差がわかる1枚のマップ

Web

世界各国の男女の賃金格差がわかるマップが公開されているので紹介します。マップによれば、全体的にヨーロッパは賃金格差が低い傾向にあり、一方で東アジアは格差が顕著に見られる傾向にあります(南アメリカ、アフリカ、中東地域についてはデータがない国が多い)。

最も格差が激しい国は韓国。ついでロシア、エストニアが続き、そして不本意ながら日本が4位にランクインしています。

日本の男女賃金格差が激しいことについてですが、例えば厚生労働省はレポートにおいて、賃金格差をもたらす最大の要因が①部長、課長、係長などの上位の職階についてない女性の割合が低いこと、②勤続年数の違いによる影響が大きいこと、などを理由にあげています。

男女賃金格差
順位 賃金率差(%)
1   韓国 37.5
2 ロシア 32.1
3 エストニア 27.9
4 日本 27.4
5 キプロス 25.1
6 インド 24.81
7 ウクライナ 22.2
8 ドイツ 20.8
9 イスラエル 20.7
10 オーストラリア 19.2
11 カナダ 19.2
12 フィンランド 18.9
13 スイス 18.5
14 イギリス 18.2
15 チェコ 18.1
16 アメリカ 17.8
17 中国 17.5
18 ルクセンブルク 17.3
19 オランダ 16.7
20 ラトビア 16.5
21 スウェーデン 15.9
22 マルタ 15.3
23 ブラジル 15
24 スロバキア 14.8
25 フランス 14.3
26 リトアニア 14.3
27 オーストラリア 14
28 ポルトガル 13.5
29 アイスランド 13.3
30 ギリシャ 12.2
31 デンマーク 11.8
32 アイルランド 10.7
33 イタリア 10.6
34 ノルウェー 7.8
35 ベルギー 7
36 ハンガリー 6.9
37 ポーランド 6.2
38 スペイン 6.1
39 ニュージーランド 4.2
40 スロバニア 3.5

参考:

movehub.com:Global Gender Pay Gap Map

厚生労働省 雇用均等・児童労働局「男女間の賃金格差レポート」

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)