Mate 30 Proの湾曲有機ELディスプレイ、LGが供給

スポンサーリンク

Mate 30 Proのカーブ有機ELディスプレイ、LGディスプレイが供給

先日発表されたファーウェイのMate 30 Proですが、特徴的な湾曲ディスプレイは韓国のディスプレイメーカーLGディスプレイによるモノのようです。

これはテックサイトthe elecが伝えるもの。同サイトに寄せられたインサイダー情報によれば、LGディスプレイと中国BOEが供給契約を競った結果、LG選ばれることになりました。

一方、標準モデルのMate 30は最大手のサムスンディスプレイによる供給となっています。

・P30 ProはBOEとLGがディスプレイを供給

市場調査会社IHS Markitによれば、サムスンディスプレイは、今年第2四半期のモバイルデバイス向けのOLEDパネル(有機ELディスプレイパネル)の出荷に関して82%と圧倒的な市場シェアを獲得しました。以下、12%のBOE、2%のLG ディスプレイと続いています。

しかしながら今回のMate 30 Proへの供給契約締結が示す通り、ここ最近、LGディスプレイは事業の拡大を見せており、2019年第3四半期には4%の市場シェアを、同第4四半期は11%の市場シェアを獲得するものと見られています。

なお、今年初めに発売されたPシリーズのスマートフォンにおいては、P30はサムスンディスプレイから、P30 ProはLGディスプレイとBOEによって供給されていました。

情報元:the elec

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク