「9.7型 iPad (2017)」と「10.5型 iPad Pro」、より安定して性能を発揮するのはどちらか統計分析する

スポンサーリンク

「9.7型 iPad (2017)」と「10.5型 iPad Pro」、より安定して性能を発揮するのはどちらか統計分析する

・iPad Pro 10.5(2017)

「9.7インチ iPad 2017年モデル」「10.5インチ iPad Pro 2017年モデル」

どちらもユーザー評価ないしレビュー評価の高い、優れたタブレットですが、実際の使用において、どちらがより安定した動作を示してくれるのでしょうか

そのことを検証するために、今回、ベンチマークソフト GeekBench 4 のベンチマークスコアから「安定度(変動係数)」を求めました。ベンチマークスコアの標準偏差(ばらつきを示す「分散」の2分の1乗)をスコアの平均値で割ることで、この安定度(変動係数)を求めることができます。

  • 「安定度(変動係数)」=標準偏差 (「分散」の2分の1乗)÷ 平均値

この変動係数の値を比べることで、平均値が異なるベンチマークスコアのような値においても、相対的にスコアのバラつきを比較することが可能です。

そしてバラつきが小さい端末は、「より性能が安定している」と解釈することができます。

平均値 標準偏差 変動係数
iPad Pro 10.5 9162.000 621.376 0.0678
iPad 9.7型(2017) 4432.200 16.185 0.0037

※求めたスコアは「GeekBench4 マルチコアスコア」。サンプルサイズ(データの個数)は10

上記結果から、平均スコアに対して「iPad Pro 10.5」の方が相対的にばらつきが大きく、それゆえiPad 9.7型 (2017) のほうが安定した性能を示していることが分かります

・「性能が優れているのはiPad Pro」と言えるか

さて上の結果からわかるとおり、GeekBench4 の平均スコアが勝っていたのは「iPad Pro 10.5」のほうでした。

とはいえ、この結果は「iPad Pro 10.5のが性能が勝っている」ことを意味するでしょうか?

どういうことかと言いますと、iPad Proのベンチマーク計測において「たまたまスコアが高い(低い)ものが続いだけの”まぐれ当たり”」ということがあり得るからです。

そのため2機種の平均値そのものに統計的有意差がある、すなわち性能に差があることを調べるため、統計検定の一種である t検定 を行ないました。

結果、有意水準1%において統計的有意差がありました(有意差がある)。

よって「iPad Pro 10.5の方が、ピーク性能が優れている」と言え、結局「iPad Proのほうが9.7インチiPad(2018)より性能が優れている 」と言えることができます

次回は「9.7インチ iPad 2018年モデル」を対象にしたいと思います。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク