iPhone 6S/6S Plusはともに解像度が向上。6sもフルHD以上に

maxresdefault

スポンサーリンク

iPhone 6S/6S Plusはともに解像度が向上。フルHD以上に?

次世代iPhoneは両方のモデル共に解像度が向上され、最低フルHD以上の解像度が見込まれるそうです。アップルのサプライチェーンからの話として中国メディアのFENG.COMが伝えています。

現行モデルのiPhone6/6 Plusでは、iPhone6 PlusがフルHD解像度である1,920 1,080ピクセルである一方で、iPhone6は1,334 750ピクセルと、競合するAndroidスマートフォン端末でフルHDディスプレイが主流であることを踏まえるといささか寂しい数字となっています。

これが次世代モデルであるiPhone 6s/6s Plusではどちらも解像度が向上し、4.7インチモデルのiPhone6sでは1,920 1,080ピクセルになるとのことです。

すでにフルHDディスプレイを搭載している5.5インチモデルのiPhone 6s Plusでも解像度が向上するとのことですが、こちらの方はどのような解像度になるかは具体的には明らかになっていません。

早ければ夏にも発売予定とされるiPhone6sでは解像度向上のほかにも、感圧機能が向上したフォースタッチやデュアルカメラの搭載、または4インチモデルの復活などが噂されています。発表が楽しみですね。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク